会社案内

ご挨拶

当社は先代 故栗木茂喜が昭和八年植木・苗木の本場福岡県浮羽郡田主丸町から文字通り裸一貫で大分市に移り住み、植木・苗木の生産販売をスタートさせました。
戦争前後の厳しい時代も何とか乗り越え、戦後復興の波の中で事業を続けて参りました。
先代の没後、昭和二十九年二代目修一が弱冠十八歳で事業を引継ぎました。
多くの方々のご指導ご鞭撻を仰ぎながら事業内容も時流に合わせ、造園業として拡大発展させ、昭和四十七年からは公共造園工事分野にも進出致しました。
三代目康一も東京農業大学造園学科を卒業後、後継者としての研鑽を積むと共に、事業発展の為平成二年、法人化致しました。
株式会社栗木精華園(特定建設業)として現在に至っております。
現代社会においての緑の果たす役割はさらに大きくなっております。生ある植物への思いやりの心を忘れず都市緑化、ひいては潤いある社会の建設に邁進する所存で御座います。

会社概要

名称 株式会社栗木精華園
代表者 代表取締役 栗木康一
所在地 本社  大分市錦町1丁目9番24号 TEL097-532-7650
工務部 大分市錦町3丁目6番 TEL097-532-9008
沿革  
昭和8年4月 大分市長浜町にて先代(栗木茂喜)が福岡県浮羽郡田主丸町より大分に来て植木・苗木生産業等を始める。
昭和29年3月 先代より2代目(栗木修一)が引き継ぐと同時に造園業を始める。
昭和47年5月 公共造園工事に進出、許可を受ける。(般−47)第7号
昭和56年5月 土木工事業に進出、許可を受ける。知事許可(般−62)第7号
平成2年1月 株式会社に組織変更。知事許可(特−2)第9055号
平成5年5月 許可更新。知事許可(特−5)第9055号
平成23年2月 3代目(栗木康一)が社長に就任、現在に至る
平成23年5月 許可更新。知事特許(特-23)第9055号
業務内容 1.造園工事の設計・施工、管理及び請負
2.造園用関連資材の販売
3.公園、緑地、庭園等の剪定、防除、除草等の管理
4.門塀、車庫等外構工事一式
5.土木工事請負
6.前期各号に付帯する一切の事業
加入団体 (社)日本造園建設業協会
(社)日本造園組合連合会
(社)日本庭園協会
(社)日本造園学会
日本アカデミー会議
(社)日本家庭園芸普及協会
(社)大分県造園建設業協会
(社)大分県技能士会連合会
(社)日本樹木医会

プライバシーポリシーと著作権について

プライバシーポリシー

当社は、お客様個人に関する情報(以下「個人情報」といいます)を適切に取り扱うと共に、それを保護することが当社の社会的責務と認識し、法令・その他の規範を尊守いたします。
お客様から提供していただく個人情報は、業務上必要な範囲で収集し、第三者へは提供いたしません。
当社業務を委託するために、お客様の情報を外部企業に預託する場合は、当社における取り扱いと同様の適切な保護措置を講じるよう義務づけいたします。
当社はお客様が自己の個人情報について、開示・訂正・削除等を希望される場合には、その権利を有することを確認の上、適切に対応します。

 

著作権

本サイトの著作権は、株式会社栗木精華園にあります。個人の私的使用以外の目的で、本サイトに掲載される情報(文字、写真、イラスト等)を無断で利用(複製、改変、販売、他サイトへの掲載、出版、配布、不特定多数への送信等を含む)することを禁じます。